弁護士に相談してあっという間に解決しました

私の母が、ショッピングセンターの駐車場で停車中にバックしてきた相手方の車に当てられる交通事故がありました。幸い怪我は無かったのですが、相手方がこちらの車も動いていたこと、自賠責保険にしか加入していないことを伝えてきて、車の修理費用は払えないという旨を伝えてきました。ご年配の方で電話でお話するのも難しい状況だったので、泣き寝入りを覚悟したのですが、母の保険に弁護士費用特約が付帯されていたので使用してみることにしました。私にも母にもどの弁護士にするべきかの知識がなく、母の加入している任意保険会社に弁護士を紹介してもらいました。すぐに相談にいったところ、交渉受任をしてくれました。弁護士には事故現場や事故の内容を話したところ、すぐに弁償を求める内容証明郵便を発送してくれました。ショッピングセンター側には監視カメラの有無などを問い合わせてくれました。すると、相手方の同居家族から弁護士からの内容証明を読んだとのことで連絡がありました。  結果として、車の修理費用の満額回収で示談が出来たので、母の任意保険を使用せずに解決することが出来ました。任意保険に加入していなくても回収できたのはやはり弁護士に相談を行ったからだと思います。また、弁護士費用は保険の特約から支払われたので負担もありませんでした。特約の仕様ですと任意保険の等級が下がらないそうなので、不安に思う交通事故なら軽微なものでも弁護士相談を行おうと思う経験でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です