加害者への交渉

知人の交通事故の話し合いのもつれを、法律事務所に在籍する若手弁護士が見事に解決してくれました。最終的には裁判所に提起したようです。というのも、加害者が損害賠償責任を負う話しをしていたにも関わらず、その回答が二転三転と変わってしまい、最終的には争うような話しになってしまいました。時効期間が近づいていることを知った知人は、加害者から債務を認めるような書類を作って欲しい旨を伝えたようです。しかし、それを無視してしまったのが加害者の本性だったのかもしれません。後遺障害が発生するかもしれず、そうした場合の後遺障害慰謝料の請求も知人は考えに入れたい話しでした。もちろん、自動車事故だったので、物損事故による物損も不安要素だったみたいです。弁護士によってそれぞれやり方は違うのかもしれません。穏便に済ませるために、加害者側の保険会社に交渉するケースもありますし、今回の知人のように裁判所に提起するケースもあるようでした。保険会社宛に、配達証明付内容証明郵便で支払いの請求をしましたし、6ヶ月以内の提起をして時効中断の手続きができたようです。ただ、これは加害者に対して損害賠償請求をしても、被害者請求権の時効は中断されないようで、あくまでも保険会社への損害賠償請求という内容なのだそうです。注意すべきことなど、一切合切を弁護士に任せることができてからは、肩の荷が下りたといい、これからは損害金の入金確認をするだけだといいます。