加害者への交渉

知人の交通事故の話し合いのもつれを、法律事務所に在籍する若手弁護士が見事に解決してくれました。最終的には裁判所に提起したようです。というのも、加害者が損害賠償責任を負う話しをしていたにも関わらず、その回答が二転三転と変わってしまい、最終的には争うような話しになってしまいました。時効期間が近づいていることを知った知人は、加害者から債務を認めるような書類を作って欲しい旨を伝えたようです。しかし、それを無視してしまったのが加害者の本性だったのかもしれません。後遺障害が発生するかもしれず、そうした場合の後遺障害慰謝料の請求も知人は考えに入れたい話しでした。もちろん、自動車事故だったので、物損事故による物損も不安要素だったみたいです。弁護士によってそれぞれやり方は違うのかもしれません。穏便に済ませるために、加害者側の保険会社に交渉するケースもありますし、今回の知人のように裁判所に提起するケースもあるようでした。保険会社宛に、配達証明付内容証明郵便で支払いの請求をしましたし、6ヶ月以内の提起をして時効中断の手続きができたようです。ただ、これは加害者に対して損害賠償請求をしても、被害者請求権の時効は中断されないようで、あくまでも保険会社への損害賠償請求という内容なのだそうです。注意すべきことなど、一切合切を弁護士に任せることができてからは、肩の荷が下りたといい、これからは損害金の入金確認をするだけだといいます。

弁護士の交渉で倍近い金額になりました。

息子が横断歩道上で自動車との対人事故に遭遇した事があり、弁護士に相談した事がありました。息子は骨折しており、かなりの重症でした。全治半年の状況でした。保険会社による慰謝料を請求したら最初は30万円と言われました。その額はあまりにも少ないのではないかと感じ、法テラスの無料法律相談を経て弁護士に代理人として保険会社との交渉を依頼しました。まずは弁護士が事故の経緯を聞いてきましたので、どのような事故だったのかを詳しく伝えました。また取り扱った警察官の名前も伝えました。そして保険会社の名前と担当者の名前も伝えました。そうしたら弁護士は「裁判の判例からするとかなり少ない額なので、裁判判例を元に交渉したいと思います。万が一保険会社が応じない場合には裁判を起こしたいと思います。」と言われました。私は弁護士に全てを任せようと思いました。その事を伝えるとまずは弁護士が保険会社に受任通知を送りました。それまでは保険会社との交渉は私がしていましたが、その日からは弁護士が代理人として交渉するようになり、私は何もしなくてもよくなりました。弁護士に代理人になってもらってから10日経過して、弁護士から「慰謝料が80万円になりました。どうですか。」と連絡がありました。倍以上になりびっくりしましたね。弁護士には感謝しています。もちろん弁護士費用もその中から支払う事ができました。弁護士費用を差し引いても大満足でした。

交通事故で弁護士に相談

“衝突事故を起こし、保険の割合が6対4になりましたが相手側が自分は悪くないとその割合に納得してくれませんでした。
相手の人は、住所を調べて家にまで来て交通事故の割合が納得できないと家にまで押しかけてくるようになりました。
保険会社の人に相談すると、弁護士の先生を紹介してくれ弁護士の先生に相手との交渉をお願いして和解して保険の割合に応じてもらえるように交渉をしました。
しかし、相手は自分の保険が傷付くのは嫌だと納得してくれませんでした。
その結果、弁護士の先生から簡易裁判にするしかないという風に言われ結局簡易裁判になりました。
弁護士の先生と簡易裁判に出廷し、結果的には裁判で勝訴して相手もやっと折れてくれました。
軽い衝突事故で、お互いにそんなに車の物損もなかったし怪我は両方ともなかったのにここまでこじれてしまう事に怖くなってしまいました。
しかし、弁護士の先生に依頼したことで相手側との交渉をしてくれたことで精神的にものすごく楽になることが出来ました。
相手の人は、強気でどんどん文句を言って来る人だったのでもし弁護士さんに依頼していなかった嫌がらせをされたりする事態に陥っていたと思います。
裁判の時も、ことらが必ず勝訴するから大丈夫だと弁護士の先生が言ってくれたおかげで安心するこおとが出来ました。
初めて弁護士という職業の人に依頼しましたが法律の専門家なだけに安心感が感じられ安心して相談をすることが出来ました。”

 

 

交通事故 福岡